.

1.クレジットカードならやはり海外旅行者保険▽年会費が有料なクレジットカードの多くには、いわゆる海外保険がパッケージされています。

どんな内容の傷害保険かと説明すると一目でわかる通り、国外滞在にあって助けになる付属保険を表すもので海外旅行中に事故に直面した時や医療費が発生してしまった時などに、ユーザーの支払額(診察費等)をクレカ会社が保障してくれるというたいへん助けになるものです。

年に一度も海外に行くことがないという方にとってはサービスを受けるなんてことも少ないが、国外出張等に長期間行くことが普通という加入者であれば、こういった保険があって助かった・・・と胸をなでおろすことがあるかもしれません。

しかしながら、クレジットカードの種類やブランドの違いで方向性はいろいろあります。

支払いに関する要求や適用範囲などがカードそれぞれ異なるので、海外への旅行や出張に出かけるときには事前にきっちりと比較検討したらよいと思います。

2.近場の日帰り旅行等でも助けになるクレジットカード▽国内旅行者傷害保険は海外旅行傷害保険とまったく同様近場等、国内での旅行で骨折等の怪我や治療費が発生した際、その治療費を負担してくれる安心できる傷害保険です。

海外旅行者保険と比べて内容があまりゆるくないが予期せぬ事態や入院が長くなる等が生じた場合でもカード所有者の心の支えとなるから旅行好きのビジネスマン等にとっても万が一のよりどころだと言えるでしょう。

注意点としては、加入費用および更新費用がそんなに高くないものの場合には国内旅行傷害保険が付属していないことも多いです。

日本国内の旅行に出るのが習慣になっているといった場合なら、年度額が多少高額でも国内旅行者傷害保険が付いている一枚を検討するようにして欲しいと思います。