.

中古車の状態の見極めには、外装のチェックが大きな効力を発揮します。

今回は、中古車自動車の状態を外見からチェックする方法を紹介します。

ボディには小さな傷やへこみがある可能性があります。

周囲が暗いと見落とす可能性が高いので、なるべく明るいうちに見学することをオススメします。

特にタイヤまわりや車体下部は、小石がはねてキズが付きやすい部分です。

たったままでは見づらい部分ですが、忘れずにチェックしてください。

鯛や周辺の足回りは、車の状態が現れやすい部分です。

タイヤの状態やゆがみがないかどうか、キズの有無などを確認しておきましょう。

外装と同時にチェックすべきポイントとして、フロントガラス部分に掲示されているプライスボードと呼ばれる値段表示札があります。

このプライスボードには、価格以外にも車の年式や走行距離、付属書類の有無など、中古自動車の状態を知るために重要な情報が記載されています。

ただの値段表示だと素通りせずに、しっかりと確認してください。